9月17日〜9月23日

 

 ※新型コロナウイルスの情勢や荒天などにより、イベントは予告なく中止・延期・変更となる場合があります。また、お出掛けの際には、マスクの着用や手指の消毒など、各団体・主催者が求める感染防止対策にご協力ください。

◆MOA美術館能代・山本児童作品展=17~18日、能代市文化会館で。能代山本の15小学校と1書道教室から応募のあった絵画103点、書写108点の計211点の作品を展示する。時間は初日が午後3時~6時、最終日は午前10時~午後3時。

◆能代エナジアムパークオータム企画「なぞとき縁日」=18~20日、能代市大森山の同パークで。出題される謎解き問題に挑戦し、正解すると会場内に設けられたミニ縁日(射的、ヨーヨー釣り、くじ引き)に参加できるチケットがもらえる。また、会期中はビーズパーツを使ったマスク用のストラップを作れるワークショップ(WS)も企画。参加無料。時間は午前9時30分~午後4時30分。定員は「なぞとき──」が各日先着100人で、WSは30人。問い合わせは同パーク(☎0185・52・2955)へ。

◆富根報徳番楽保存会「作番楽」=19日午前10時~、能代市二ツ井町飛根の愛宕神社境内で。保存会の一般会員だけが出演して各種演目を上演する。時間は午後3時までを予定。来場者には、マスクの着用、密集を避けるなどの新型コロナウイルス対策を呼び掛けている。

◆八竜写真クラブ「愉快な仲間写真展」=22日まで能代エナジアムパークで開催中。同クラブの会員が各地で撮影した風景や祭りなどをテーマにした作品約20点を出品。入場無料。時間は午前9時30分~午後4時30分(最終日は同4時まで、21日は休館日)。

◆のしろアートストリート2021=25日まで能代市畠町周辺で開催中。能代一中、能代松陽高、能代科学技術高、能代支援学校の美術部や書道部の作品を、JR能代駅前から上町にかけ、能代図書館を含む30店舗のウインドーに作品を展示する。

◆生誕100年 滝平二郎展=11月14日まで横手市赤坂の県立近代美術館で開催中。「モチモチの木」など著名絵本の挿絵でも知られ、本県にもゆかりのある作家・滝平二郎の画業初期の木版画から、絵本原画、朝日新聞日曜版のきりえ等を展示する。観覧料は、一般1200円、大学生以下は無料。開館時間は午前9時30分~午後5時(入館は同4時30分まで)。会期中無休。