1月14日〜1月20日

 

 ※新型コロナウイルスの感染状況や荒天などにより、イベントは予告なく中止・延期・変更となる場合があります。また、お出掛けの際には、マスクの着用や手指の消毒など、各団体・主催者が求める感染防止対策にご協力ください。

◆KITAAKITAきらきらフェスティバル=2月6日まで北秋田市の米代児童公園などで開催中。同公園内のSL機関車や木々をメインにイルミネーションが施され、冬の街を彩る。期間中には宝探しやフォトコンテスト、音楽ライブなどのイベントも予定されている。点灯時間は午後5時~10時。

◆カミのすむ山 十和田湖 FeStA LuCe 2021─2022「第2章 光の冬物語」=2月20日まで国立公園十和田湖・十和田神社で開催中(水・木曜日は休み)。森に溶け込んだ光と音楽で十和田湖に伝わる「十和田湖伝説」の世界をモチーフにした6つの光を演出。土・日曜日、祝日には十和田湖畔休屋多目的広場で津軽三味線のライブと花火の打ち上げも行われる。入場料は大人1600円、小学生・未就学児は無料で、入場券は「ローチケ」のほか、道の駅とわだや十和田市観光物産センター、小坂町鉱山事務所などの観光施設等で販売。問い合わせは、十和田湖冬物語実行委員会(☎0176・24・3006、午前9時~午後7時)へ。

◆能代市役所イルミネーション=市役所さくら庭、二ツ井町庁舎で2月28日まで点灯。さくら庭ではソメイヨシノの枝や幹、柵などに約7万個のLED(発光ダイオード)電球を装飾。二ツ井町庁舎では、庁舎入り口に至る通路約30㍍にある樹木をイルミネーションで彩る。点灯時間は午後5時~10時。

◆あきた光のファンタジー=秋田市のJR秋田駅からエリアなかいちまでの中心市街地で2月28日まで開催中。約10万個のLED電球を使用した心温まるイルミネーションが楽しめる。点灯時間は午後5時~午前0時。