21日の紙面から

●「畑の春作業」が本格化
 能代山本地方では、圃場(ほじょう)の耕起、野菜の育苗や定植など畑作業が盛んに行われている。晴天に恵まれた20日は、朝から農作業に汗を流す生産者の姿が見られ、徐々に圃場が活気づき始めている。能代市朴瀬の圃場ではネギやキャベツの育苗、一部で定植が行われている。今月13日からキャベツの苗の定植をスタートさせた男性(70)は、現在ハウス内で「初美」という品種を育苗。3月17日に播種(はしゅ)したが、低温に弱い品種のため、夜間は連日暖房を使用するなど、例年以上に温度管理に気を配ったという。早ければ今月27、28日、5月初旬までには定植する予定で、「初美は裂球がなく、たくましい苗が特徴。満足のいく苗に育った。あとは天気との相談」と話していた。

m20p01畑作業ピークp2

ハウス内今後定植されるキャベツの苗がすくすくと成長(能代市朴瀬で)

●加藤氏退任 拍手で送る/八峰町
 退任する八峰町の加藤和夫町長(75)、伊藤進副町長(67)、千葉良一教育長(74)を送る会が20日、町役場で開かれた。約60人の職員を前に3役が町勢発展への願いを込めながら最後のあいさつを行い、正面玄関前では見送りの職員と笑顔で握手を交わした後、盛大な拍手に包まれながら庁舎を後にした。送る会で加藤町長は、印象に残る出来事として曲折もあった合併協議、新町誕生直後の18年10月に発生した峰浜庁舎の全焼火災への対応を回顧。「少子化や人口減少が町の最大の課題であり、総合戦略の効果はまだ限定的なものであった。これは新しいリーダーや皆さんが継続して取り組む課題になる」と述べ、「町民目線を忘れないでほしい」などと最後の訓示を行った。

L20p03

職員の拍手の中、庁舎を後にする加藤町長ら

(八峰町で)

●農委「推進委員」に22人応募
 能代市農業委員会が17日まで募集していた新制度に基づく農地利用最適化推進委員(定員18人、以下推進委員)は、最終的に22人の応募(推薦含む)があった。先月26日に募集を締め切っている農業委員(定数19人、応募者26人)と併せて、候補者が出そろった。新しい農業委員は、6月議会で人事案の同意を得て市長が7月20日付で任命、推進委員は同日以降に市農業委員会会長が委嘱する。

●三種町が児童クラブに学習支援員
 三種町は30年度、小学生への学習支援事業を本格化させる。29年度は2カ所で試験的に実施してきたが、30年度は全児童クラブ6カ所に拡大。全児童を対象にしながら、4月から週1回のペースで支援する。学習支援員3人を雇用して配置し、児童にクロスワードパズルなどを提供して楽しく学べるようにする。町は「子どもたちの学習意欲の向上を図っていきたい」と話している。

●ぶなっこランド環境整備が終了
 八峰町は、同町八森三十釜のぶなっこランドの遊歩道の一部や、同ランド内にある森林科学館の展示パネルを再整備した。遊歩道は散策しやすいよう2カ所で延長約208㍍にウッドチップを敷くなどしたほか、パネルは白神山地の成り立ちを新たに加えるなど内容を拡充。28年度に実施した森林科学館の大規模改修工事を含め、2カ年計画で進めていた再整備事業が完了した。

L19p01ぶなっこランド遊歩道など整備1

雑木を刈り払い、遊歩道も再整備

(八峰町八森のぶなっこランド)

●きょうから「さくら庭」に屋台村
 能代市役所敷地内の「さくら庭」で21日から屋台村が開設される。渟二小時代からある桜を楽しみながら、料理や生ビールなどを味わえる。NPO法人能代観光協会(広幡信悦会長)が市中心部の新たな観桜スポットとして内外にアピールしようと初めて企画。30日まで。桜は3分咲きで、同協会は「会期中に見頃を迎えそう」と話している。

●能代市富根でクマが米代川を泳ぐ
 20日午前9時30分ごろ、能代市二ツ井町飛根字羽立新田地内の田んぼで、体長約1㍍のクマ1頭が目撃された。通報を受けて現場に駆け付けた能代署員が周辺を警戒中、米代川に入ったり出たりするクマを見つけたが、その後行方が分からなくなった。

●能代市植樹祭は5月30日に
 能代市国土緑化推進委員会(委員長・鈴木一真副市長)は20日、市役所で開かれ、市植樹祭の開催、緑の募金運動などを盛り込んだ今年度事業計画を決定した。61回目を迎える植樹祭は、5月30日に同市大森山の能代エナジアムパーク敷地内で開き、関係者でキンシバイ40本を植える予定。

 


 

item4a1a1a1