23日の紙面から

●谷内バレエ 華やかな舞台で魅了
 能代市末広町の谷内クラシックバレエスクール(谷内尚子主宰)の第23回バレエコンサートは21日、市文化会館大ホールで開かれ、チャイコフスキーの三大バレエの一つ「くるみ割り人形」の全幕を上演した。同スクールでクラシックバレエを学ぶ生徒やプロのトップダンサーら総勢約70人が出演、観客をおとぎの世界へと誘い込んだ。

w21p04谷内バレエくるみ割り人形4

生徒たちが「くるみ割り人形」全幕公演を披露したバレエコンサート

●暑さの中、夏ネギ収穫始まる
 能代山本で、夏ネギの収穫が始まった。特産化が図られている良質なネギを消費者に届けようと、農家が暑さに耐えながら収穫や選別作業に汗を流している。能代山本では近年、ネギの販売額が急伸。JAあきた白神では昨年度に15億1931万円、JA秋田やまもとでは2億4654万円とそれぞれ過去最高をマークした。また、直売施設やスーパーの産直コーナーで販売したり、独自に市場に出荷したりする農家もおり、能代山本全体がネギの産地として勢いづいている。

d22p01夏ネギ収穫1

夏空の下でネギを手際良く収穫する農家(能代市朴瀬で)

●藤里町の佐々木氏、3選後初登庁
 藤里町長選で無投票3選を果たした佐々木文明氏(62)は22日、当選後初めて町役場に登庁した。佐々木氏は「今までやってきたことを継続して取り組む。公約を粛々と進めていく」と語り、町政のかじ取りを再スタートさせた。任期満了(8月8日)に伴う町長選は16日に告示され、佐々木氏以外に立候補の届け出がなく無投票再選が決まった。

f22p01

職員らの拍手の中、登庁する佐々木氏(藤里町役場前で)

●参院選比例代表、自民トップ
 第25回参院選は22日午前、改正定数124(選挙区74、比例区50)の当選者全てが確定した。自民、公明の与党は71議席と、改選数の過半数(63)を獲得したが、改選前より6議席減らした。能代山本の比例は自民がトップの得票率44・3%で、平成28年の前回を0・6㌽上回り、保守層の底堅さをうかがわせた。

●元オフコース松尾さんがライブ
 音楽グループ「オフコース」の元ギタリストで、八峰町出身のシンガーソングライター、松尾一彦さん(64)=東京都=のデビュー45周年記念ライブが21日夜、能代市柳町の旧料亭金勇で開かれ、県内外から約80人のファンが訪れ、懐かしの曲の数々に酔いしれた。

p21p12松尾一彦ライブ

デビュー45周年を記念する全国ツアーの一環で松尾さん(中央)が来能(能代市柳町の旧料亭金勇で)

●しらかみカフェ10周年で六文銭
 八峰町峰浜水沢の果樹農家のレストラン・しらかみカフェ(笠原吉範オーナー)の開店10周年を記念し、音楽ユニット「六文銭」のコンサートが21日、能代市柳町のプラザ都で開かれた。約190人の聴衆が詰め掛け、食事を楽しみながら演奏に酔いしれた。

n22p04

しらかみカフェ開店10周年を記念して開かれた「六文銭」のコンサート

●能代山本の小中学校で終業式
 能代山本の小中学校で22日、1学期の終業式や夏休み前の集会が行われた。児童生徒は事故や事件に巻き込まれないことや規則正しい生活を送ることを約束し、待ちに待った夏休みに胸を弾ませた。夏休みは能代市の第五小、浅内小、能代東中は8月22日、その他の小中学校は25日まで。

p22p01

終業式後に、教室で初めての通知表を受け取る1年生たち(渟南小で)

●不夜城の安全とにぎわい祈願
 8月3、4日の能代七夕「天空の不夜城」の運行に向けた安全祈願祭が22日、能代市御指南町の日吉神社で行われた。運行に携わる関係者約25人が出席し、事故のない運行と地域のにぎわい創出を願った。天空の不夜城は今夏で7年目。能代市中心部の国道101号(市役所第4庁舎跡地─いとく通町店前)を運行する。高さ日本一の城郭灯籠「愛季(ちかすえ)」(24・1㍍)と「嘉六(かろく)」(5丈8尺=約17・6㍍)に加え、能代若2基、小若灯籠3基が練り歩く。

 


 

item4a1a1a1a1