5月18日〜5月24日

◆企画展「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ─版画をめぐる冒険─」=~6月3日まで、秋田市立千秋美術館で。20世紀最大の巨匠といわれるパブロ・ピカソの版画や、ピカソが影響を受けた巨匠たちの作品を合わせた100点を展示。19日はギャラリートーク、20日はミュージアムコンサートも。観覧料は一般1千円、大学生800円、高校生以下無料。午前10時開館。

◆能代山草会「春の山野草展」=19、20日午前9時~、能代市中央公民館で。会員6人が育てたサクラソウやアマドコロなど、山野草約150鉢が展示される。入場無料。

◆能代白神山草会「春の山野草展」=19、20日午前9時30分~、能代市大森山の能代エナジアムパークで。八角蓮や岩チドリなど約150鉢が展示されるほか、両日午後1時30分からは植替実演講習会も。入場無料。

◆2018秋田内陸線のりものまつり=19、20日午前9時30分~、北秋田市阿仁銀山の秋田内陸線阿仁合駅周辺で。内陸線の保守に活躍する鉄道関係車両のほか、パトカーや消防車などさまざまな車両の展示、軌道バイク乗車体験や秋田犬と子熊と触れ合えるコーナーなど多彩なイベントが行われる。

◆フローラルフェスタin北欧の杜=19、20日午前10時~、北秋田市上杉の県立北欧の杜公園で。花や物産の販売のほか、押し花、ガーデニング、トールペイント等の各種体験、ライブや秋田犬との触れ合いも楽しめる。

◆天王グリーンランド「ガーデン&マーケットinあきた」=19、20日午前10時~、潟上市天王の道の駅てんのうで。県内外の112店舗が出店し、ガーデニング用品や雑貨、グルメなどを販売。ワークショップ体験も。

◆能代山本地区吹奏楽連盟合同演奏会=19日正午~、能代市文化会館で。同連盟に加盟する小中高校、吹奏楽団など24団体約600人が参加し、バラエティーに富んだ楽曲を演奏する。入場料400円。

◆人星亭一門演芸発表大会=19日午後2時~、藤里町総合開発センターで。日本笑い学会県人会長を務める漫談師・人星亭喜楽駄朗をはじめ、「男鹿の松田せいこ」こと喜楽駄嬢ら5人の弟子を含む計6人が出演し、笑いヨガやマジック、漫談などを披露。入場無料。

◆芝桜フェスタ=19~27日、横手市大森町の大森リゾート村で。スキー場の斜面に約20万株のシバザクラが植栽され、花色を生かしてツツジとサクラの花の形を浮かび上がらせている。期間中の土・日曜日はポニー馬車運行などのイベントも開催。維持管理協力金100円。

◆子吉川ガニまつり=20日午前9時30分~、由利本荘市のボートプラザアクアパルで。参加料300円でモクズガニやコイのつかみ取りとガニ汁の試食ができる。「旧車会」も同時開催。

◆関口美奈子・松尾政子ソプラノデュオリサイタル=20日午後2時~、能代市柳町の旧料亭金勇で。プロブラムは2部構成で、第2部では8月に開かれる能代オペラ音楽祭の公演に先立ち、オペラ「ラ・ボエーム」のアリアも披露する。チケットは大人1500円、小中高生500円、取り扱いはのしろ進学塾(同市大手町)で。問い合わせは同音楽祭の金谷さん(☎090・7796・5029)へ。